【宇留摩(鵜沼)城攻め】信長美濃攻略。”木下藤吉郎”伊木山に砦を築き宇留摩(鵜沼)を攻めよ!

スポンサーリンク

 

1564年(永禄7年)に、織田信清の犬山城を陥落させ、中美濃攻略に光明を見出した信長ですが、翌年1565年(永禄8年)8月に犬山城からほど近い「宇留摩(別名:鵜沼)城」攻めを行います。

城には鵜沼の虎と呼ばれる、斉藤側家臣の「大沢次郎左衛門基康」が守ります。

宇留摩(鵜沼)城は、犬山城から木曽川を隔てた対岸に位置し、巨大な岩山に築かれ人の往来を阻む堅固な要塞城となっています。

信長は、その要塞城を崩すために、城の南西にある伊木山に砦を築き宇留摩(鵜沼)城攻めの拠点としました。

信長の中美濃攻略の足掛かりとなった戦が「宇留摩(鵜沼)城攻め」と言われています。

宇留摩(鵜沼)城攻め 場所 地図

場所は現在の岐阜県各務原市鵜沼南町で犬山城の対岸にあり、岩山でできた山頂にあります(現在は廃城:立入禁止)。(小牧山城からは北に約10km位の場所)

宇留摩(鵜沼)城:参考wiki

伊木山 写真は犬山城から見える様子

宇留摩(鵜沼)城上空

中央に位置するのが「犬山城」。(中央)

犬山城と木曽川を挟んで対岸に位置するのが「宇留摩(鵜沼)城」。(右上)

信長が砦を築いた標高173mの「伊木山」。(左下)

宇留摩(鵜沼)城攻め 織田信長vs大沢次郎左衛門基康 布陣 戦力比較

美濃攻略の方針を中農に変えた信長。まずは鵜沼の虎大沢次郎左衛門の「宇留摩(鵜沼)城」の攻略を開始します。

合戦図

「宇留摩城合戦図」参考:覇道の全合戦

岩山の堅固な要塞となっている「宇留摩(鵜沼城)」攻めを任されたのが、当時足軽大将だった「木下藤吉郎」です。

いわずと知れた後の秀吉ですが、この頃からすでに信長家臣の中では頭角を現していたようです。

しかし、さすがの藤吉郎(後の秀吉)も、この要塞城攻めは単なる力攻めでは破れないと考えたようです。

その藤吉郎が考えた策が、大沢次郎左衛門への「調略」でした。

兵力差

【織田信長軍】 【大沢次郎左衛門軍
不明 不明

戦闘目的

【織田信長軍】 【大沢次郎左衛門軍】
中農侵攻

宇留摩城攻略

攻略阻止

主な参戦武将

【織田信長軍】 【大沢次郎左衛門軍】
織田信長・木下藤吉郎 他 大沢次郎左衛門 他

宇留摩(鵜沼)城攻め 合戦の行方

1565年(永禄8年)8月、美濃攻略を中農の支城から攻略することに方針を変え、最初のターゲットとなったのが、今回の「宇留摩(鵜沼)城」戦。

城の南西にある「伊木山」に砦を築き前線を構えましたが、岩山の堅固な要塞城はには手が出せません。

城攻めを任された「藤吉郎」(後の秀吉)は、被害を最小限にとどめるために取った策が「調略」でした。

この調略は翌年(1566年)の2月に見事成功し、大きな被害が出ることもなく信長の勝利となりました。

討死武将

【織田信長軍】 【大沢次郎左衛門軍】
不明 不明

宇留摩(鵜沼)城攻め 結果

1566年(永禄8年)2月、藤吉郎(後の秀吉)の調略によりに勝利。

【織田信長軍】 【大沢次郎左衛門軍】

【勝因】

調略成功

【敗因】

和議受諾

スポンサーリンク

宇留摩(鵜沼)城攻め まとめ

「藤吉郎」(後の秀吉)の調略により、大きな被害を出すこともなく城陥落に成功した信長ですが、「大沢次郎左衛門」に面会した際、次郎左衛門の「変心」を恐れ、藤吉郎に殺害を命じたと言います。

しかし藤吉郎は、自らの機転で「大沢次郎左衛門」を密かに逃がしたと言われています。(太閤記)

 

丹羽長秀、藤吉郎(秀吉)に続き猿啄城攻略なるか⁈信長バトル29【猿啄城攻め】!

信長、小牧山城に居城移転!狙うは国宝「犬山城」!信長バトル27【犬山城攻略戦】!

「織田信長」について!全合戦・年表一覧!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です