【石山本願寺攻め】信長、石山本願寺の総仕上げか…!? 本願寺へ威嚇!

スポンサーリンク

 

信長、石山本願寺の総仕上げか…⁉

本願寺へ威嚇!

【石山本願寺攻め】

【いきさつ】

1576年(天正4年)7月の「第一次木津川口の戦い」で、毛利水軍の前に成す術もなく、石山本願寺へ救援物資を入れられ敗退した信長。

その後の、「雑賀の陣」では、本願寺と雑賀衆(鉄炮隊)との関係を断ち切れたものの、石山本願寺とは対峙した状態です。

信長の播磨平定の最中、石山本願寺の動向を探るべく、嫡男「信忠」を大将に挑発行為に出ます。

信長
信忠、本願寺の様子を伺ってまいれ!

1578年(天正6年)4月4日、信長の石山本願寺への挑発行為となったのが、「石山本願寺攻めと言います。

石山本願寺 場所 アクセス

石山本願寺は現在の大阪市中央区大坂城付近と言われています。

当時の名称は「大坂本願寺」と言われており、石山本願寺の名称は後世からと言われています。

「石山本願寺地 大坂城二の丸」

石山本願寺推定地碑 大坂城二の丸

現在の外堀 二の丸堀

本願寺復元模型 大坂城天守閣所蔵

信長軍の動き

4月4日、「織田信忠」を大将に、尾張、美濃、伊勢、近江、若狭および5畿内の軍勢で、「織田信雄(のぶかつ)」「織田信孝(のぶたか)」「津田信澄(つだのぶすみ)」「滝川一益(たきがわかずます)」「明智光秀(あけちみつひで)」「蜂屋頼孝(はちやよりたか)」「丹羽長秀(にわながひで)」の軍勢で出陣。

本願寺への威嚇攻撃も目的の一つではありますが、信長の後継者でもある「信忠」への帝王教育と軍事演習も含まれていたのでしょうか、そうそうたる軍勢です。

信忠
全軍、我に続け~!

石山本願寺 織田軍vs本願寺軍 布陣 戦力比較

兵力差

【織田軍】 【本願寺軍
10万以上? 不明

戦闘目的

【織田軍】 【本願寺軍】
本願寺威嚇 様子見

主な参戦武将

【織田軍】 【本願寺軍】
織田信忠・織田信雄・織田信孝・津田信澄・滝川一益・明智光秀・蜂屋頼孝・丹羽長秀 他 顕如他(籠城)
スポンサーリンク

合戦のゆくえ

信忠の軍事演習とはいえ、本願寺の周りを完全に包囲され、10万を超えていたであろう軍勢に、本願寺籠城するしかありません。

石山本願寺攻め合戦図 参考:覇道の合戦

威嚇攻撃のため、実際の合戦まではならないまでも、本願寺周辺の麦畠をことごとく薙ぎ払い丸裸にし、改めて信長軍強大さを見せつける格好となりました。

信忠
これだけの軍勢を前に、本願寺も出てこられまい!

討死武将

【織田軍】 【本願寺軍】
不明 不明

 

【織田軍】 【本願寺軍】
圧倒的数による勝利 静観して籠城するしかなかった
スポンサーリンク

石山本願寺攻め その後 まとめ

信長の思惑は、本願寺への威嚇であり、信長の強大さを本願寺へ再確認させることにありました。

本願寺周辺の麦畠をすべて焼き払うことによって、兵糧攻めの意味もあったと考えられ、本願寺の完全孤立化を図りました。

しかし、まだこの頃の本願寺は、制海権を有しており、物資の運搬は可能であったと思われますが…。

 

 

山中鹿助奮闘で尼子再興となるか!信長バトル75【第二次上月城の戦い】

秀吉の播磨侵攻戦!信長バトル73【第一次上月城の戦い】

「織田信長」について!全合戦・年表一覧!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です