【手取川の戦い】戦国最強「上杉謙信」出陣! 織田信長軍はいかに戦う⁉

スポンサーリンク

 

織田軍、毘沙門謙信の前で犬死にか…⁉

織田軍vs上杉謙信

【手取川の戦い】

【開戦までのいきさつ】

上杉謙信は、以前から一向一揆(本願寺)と戦っていたものの、「石山本願寺」「毛利輝元」「上杉謙信」3者による「反信長同盟」が成立した後は、越中を平定させ、1577年(天正5年)能登へ侵攻を開始します。

能登守護は、「畠山春王丸」が幼少のため、重臣の「長続連(ちょうつぐつら)」が実権を握っていました。

上杉軍の侵攻に、長続連は籠城作戦を取ります。

長続連は、七尾城に百姓や町人までも収容すると言った寛大な措置をしていましたが、1年以上の籠城戦に、城内で疫病が流行り当主の「畠山春王丸」病死してしまいます。

春王丸の死により、家臣団や城内の者が揺れ危機的状況に陥ります。

このままでは上杉軍の攻撃(包囲)に、対抗できないと考えた「長続連」は、信長に救援を求め、信長もすぐに対応します。

8月8日、信長精鋭の柴田勝家を総大将として、羽柴秀吉、丹羽長秀、滝川一益、前田利家、金森長近らの豪華メンバー4万の軍勢で出発します。

そして9月23日、手取川付近で上杉軍と合戦となったのが「手取川の戦い」と言います。

勝家
皆のども~! 七尾城を救う! 我に続け~!
スポンサーリンク

手取川の戦い 場所 地図 アクセス

手取川古戦場は、現在の石川県白山市湊町手取川付近となります。

「手取川の戦い」

手取川の戦い 場所

手取川古戦場石碑

スポンサーリンク

手取川の戦い 信長軍の動き

8月8日、柴田勝家を総大将に4万の軍勢で「北ノ庄城」出発した信長軍ですが、織田軍が到着する前の9月15日、以前より「長続連」が実権を握る事に不満を抱いていた「遊佐続光」「温井景隆」ら上杉派が内応して謀反

長続連をはじめとする長一族は皆殺しとなり、「七尾城」は乗っ取られてしまいます

手取川合戦図 参考:覇道の合戦

それを知らない信長軍は順調に進軍を続け、手取川を越え、小松村、本折村、阿多賀、富樫を焼き払い、手取川を過ぎた水島(加賀郡)で、以前から「柴田勝家」と不仲だったとされる「羽柴秀吉」が、合戦方針の相違で対立し、軍を離れてしまいます

一方、織田軍接近を知った「上杉謙信」は、直ちに奪い取った七尾城を出撃、手取川手前にある「松任城」(加賀郡)を目指します。

対して、「柴田勝家」は全軍が手取川の渡河を終えた所で初めて「七尾城」落城謙信軍の「松任城」入りを知り、即座に撤退を開始しますが、その途上、上杉軍に追撃され、そしてついに合戦の火ぶたが降ろされます。(9月23日夜)

勝家
皆のども~引け~! 撤退じゃ~!

手取川の戦い 織田軍vs上杉軍 布陣 戦力比較

兵力差

【織田軍】 【上杉軍
4万 2万

戦闘目的

【織田軍】 【上杉軍】
七尾城救援 七尾城奪取

主な参戦武将

【織田軍】 【上杉軍】
柴田勝家・羽柴秀吉・長続連・丹羽長秀・滝川一益・前田利家・金森長近 他 上杉謙信 他
スポンサーリンク

手取川の戦い 合戦のゆくえ

七尾城が落城し、上杉謙信までもが目前の「松任城」に入っているとなれば、無駄な合戦をする理由もない勝家は、すぐさま撤退を開始します。

つい数日前に大河の手取川を渡ってきた織田軍ですが、反転して再度手取川を渡らねばなりません。

その日は、すでに夜半となり増水している手取川を前に、上杉軍と戦います。

結果、「鯰江貞利」をはじめ1000人を超える戦死傷者を出し、さらに増水した手取川で多数の溺死者を出す羽目になりました。

討死武将

【織田軍】 【上杉軍】
鯰江貞利 他1000名以上 不明

 

【織田軍】 【上杉軍】
増水した手取川に溺死者多数 織田軍への追い打ち成功
スポンサーリンク

手取川の戦い その後 まとめ

救援するはずだった「七尾城」は敵方上杉軍に落とされ、これ以上の進軍に意味なしと撤退するは良いが、上杉軍に追撃され合戦となるも1000名以上の死傷者を出した織田軍。

今回の出陣に、何ひとつ戦果を挙げられなかった事は、信長も怒り心頭だったに違いありません。

後に謙信は、「信長軍は思いの外、弱い様子」と書状をしたためています。

合戦落首

「上杉に逢うては織田も手取川 はねる謙信 逃げるとぶ長(信長)」

「はねる」「とぶ」という言葉が、勢いに乗って追撃する上杉勢と、飛ぶように逃げ帰った織田勢の様子を表しています。(上杉謙信傳)

実はこの戦い、「信長公記」には記載がなく、上杉側の書状にしか見られません。

戦も大敗というものではなく、合戦の存在自体を否定する向きもあると言います。

いづれにせよ、謙信は越冬のため越後へ帰還、翌年1578年(天正6年)3月13日、49歳で病死することになります。

武田信玄に続き、戦国最強と言われた武将との直接対決無くして、謙信まで病没したのは、信長の運の強さ?もあったのでしょうか…。

 

 

戦国の梟雄!平蜘蛛とともに散る!信長バトル72【信貴山城攻め】

雑賀のゲリラ戦に信長苦戦!信長バトル70【雑賀の陣】

「織田信長」について!全合戦・年表一覧!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です