【高天神城の戦い】高天神を制する者は遠州を制する!

スポンサーリンク

 

武田軍が猛襲!家康の三河へ侵攻!

信長急げ、家康を救え!!

1574年(天正2年)2月に、東美濃にあった十八城のすべてを、「武田勝頼」に奪われた信長。

武田軍の脅威が目前となってから3か月後の5月、「武田勝頼」は三河の家康領内の「高天神城」に侵攻します。

この「高天神城の戦い」は、信長直接の合戦ではないものの、同盟国である三河の「徳川家康」と「武田勝頼」との戦いを言います。

当時の家康とは、同盟していたとはいえ、事実上は織田家の家臣として配下に存在していたと言われます。

この合戦も、信長の合戦のひとつとして捉えてまいります。

高天神城の戦い 場所 アクセス

高天神(たかてんじんじょう)は、現在の静岡県掛川市上土方にあった山城で国の史跡に指定されています。

2017年4月6日に、日本100名城(147番)に選定されています。

元は今川領で、後に徳川家康と武田信玄・勝頼と激しい争奪戦を繰り広げられた城です。

高天神城址

高天神城址

高天神城址碑

高天神城址碑

スポンサーリンク

高天神城の戦い 武田勝頼のねらい

今年(1574年)2月に、織田領内である東美濃十八城のすべてを奪い、近江・京へのルートを確保しつつあった勝頼は、次は三河家康の「高天神城」に侵攻します。

元々は、高天神城は今川氏の支城でしたが、桶狭間の戦い以降、今川氏の衰退によって城主「小笠原氏興(おがさわらうじおき)」は徳川方に付いていました。

遠江・駿河の国境近くにある「高天神城」は、徳川氏にとって遠江支配の重要拠点でもありました。

今川氏衰退の後、武田信玄は駿河を平定後、信玄亡き後の勝頼は、三河・遠江方面へ手を伸ばしており、その折に家康との小競り合いが続いていました。

東美濃を制した勝頼は、信長の同盟国である小国の家康を攻めることにより、信長へのプレッシャーを強めていきたいと考え、拠点となる高天神城はどうしても欲しい重要拠点だったのです。

家康
信玄の子倅め、いい気になりよって!
信長殿、ここで一気にかたをつけてやりましょうぞ!
信長
あい分かった、家康殿!先の合戦のリベンジじゃ!

高天神城の戦い 織田軍vs武田軍 布陣 戦力比較

兵力差

【織田軍】 【武田軍
1000 2万5000

戦闘目的

【織田軍】 【武田軍】
侵攻阻止 高天神城攻略

主な参戦武将

【織田軍】 【武田軍】
小笠原長忠(信興) 他 武田勝頼 他

1574年(天正2年)5月12日、2万5000の兵を率い「高天神城」に侵攻した勝頼に対し、信州から南下する恐れのある武田別動隊に備えばならない家康は、信長に高天神城の援軍要請をします。

この要請が信長の元に届いたのが6月5日、すでに半月以上が過ぎており、信長は援軍要請の戦準備を命じます。

準備が整った14日、信長は岐阜を出立し17日に家康重臣の酒井忠次の居城「三河吉田城」に到着。

19日には家康の「浜松城」まで差し掛かったところで、前日(18日)に、高天神城主の「小笠原長忠」が武田方に降伏し、高天神城が落城した報せが入ることになり、信長は軍を引き返すことになりました。

これらの経過の史料は『信長公記』が主となっていますが、「小笠原長忠=小笠原氏興」とされる人物は「小笠原信興」と同一人物とされ、経過の記述にも混乱が見られます。

実際は守将であった「小笠原信興」が、その他の将と共に籠城したものの、5月12日の武田軍侵攻以来、再三の援軍要請も主君の家康には全く応える気配がないまま、約60日もの間籠城しますが、武田軍の力攻めに、次々と周りの砦を落とされ、「本間氏清」や「丸尾義清」が討死。

城は本丸のみとなり城兵の生命と引き換えに開城した、というのが現在での見方のようです。

スポンサーリンク

討死武将

【織田軍】 【武田軍】
不明 不明

 

【織田軍】 【武田軍】
援軍寄せるも時すでに遅し 兵・策とも織田より勝る、

父信玄も落とせなかった高天神を制す

スポンサーリンク

高天神城の戦い まとめ

19日、援軍を引き連れ「浜松城」の傍まで来ていた信長。

前日(18日)に落城したとの報せを、家康が持って、信長の元へ訪れます。

信長は援軍が間に合わなかったことの詫びとしてか(?)、家康に兵糧代として革袋に入った黄金を2つ贈ります。

それは、2人がかりでも持てないほどの重さでしたが、家康の心境は複雑であったであろうと言われています。

2日後の21日に信長は岐阜に帰還。

その後勝頼は、父信玄でも落とせなかった「高天神城」を落とした事で慢心に陥ったとされています。(甲陽軍鑑)

わずか1年後に起こる「長篠の戦い」で大敗を喫してしまう事になるとは、思ってもみなかったのかもしれません…。

 

 

大量虐殺ジェノサイド!信長バトル63【第三次長島一向一揆戦】

信玄後継者・勝頼が東美濃侵攻!信長バトル61【明知城の戦い】

「織田信長」について!全合戦・年表一覧!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です