【第二次天正伊賀の乱】2度の負けはない!伊賀忍者を一人残らず抹殺せよ!

スポンサーリンク

 

伊賀国を焦土と化した地獄絵図!

信長狂気の集団殺戮ジェノサイド!

【第二次天正伊賀の乱】

1579年(天正7年)、「第一次天正伊賀の乱」で、次男の「織田信雄」単独の行動だったとはいえ、伊賀衆にゲリラ戦で大敗を喫していた信長。

1581年(天正9年)4月、「福地宗隆(ふくちむねたか)」、「耳須弥次郎(みみすやじろう)」の2人が安土にいる信長の所に訪れ、伊賀攻略の道案内をすると申し出ます。

9月3日、前回の合戦で敗戦の将となった「織田信雄」を再び大将に5万の兵で伊賀に侵攻します。

こうして再度、伊賀衆(忍者)と合戦となったのが、「第二次天正伊賀の乱」と言います。

信長
信雄、2度の負けはないと思え! 伊賀忍者を殲滅せよ!
織田信雄
父上、承知いたしました! 必ず討ち取ってご覧に入れまする!

第二次天正伊賀の乱 場所 アクセス

伊賀の乱の合戦があった場所は、現在の三重県伊賀市になります。

伊賀衆はゲリラ戦を得意としていたこともあり、本城としての場所を特定するよりは、自らが住むところが本城としての意味合いが強いようです。

伊賀市の中心、現在の「伊賀上野城」(元平楽寺)は国の史跡に指定されています。

「激戦となった平楽寺・比自山城・柏原城」

平楽寺(現在の上野城)

比自山城堀 参考:好日山荘

柏原城址

第二次天正伊賀の乱 織田軍の動き

9月3日、織田軍は5万の兵を各方面に配置し、伊賀を侵攻します。

配置は以下の通り。

「伊勢地口」:織田信雄・津田信澄

「柘植口」:丹羽長秀・滝川一益

「玉滝口」:蒲生氏郷・脇坂安治

「笠間口」:筒井順慶

「初瀬口」:浅野長政

「多羅尾口」:堀秀政・多羅尾弘光

第二次伊賀の乱合戦図 参考:覇王の合戦

そして9月6日に、本格的な攻撃が始ます。

織田信雄
容赦はいらんっ! すべて討ち取れっ! 全軍かかれっ~!

第二次天正伊賀の乱 織田軍vs伊賀軍 布陣 戦力比較

兵力

【織田軍】 【伊賀軍
5万  9000

戦闘目的

【織田軍】 【伊賀軍】
伊賀侵攻 侵攻阻止

主な参戦武将

【織田軍】 【伊賀軍】
織田信雄・織田信澄・滝川一益・丹羽長秀・蒲生氏郷・浅野長政 他 滝野吉政・町井清兵衛・森田浄雲・百地丹波 他
スポンサーリンク

合戦のゆくえ

第二次伊賀の乱合戦図 参考:覇王の合戦

伊賀衆は、織田方の兵の多さに、「比自山城」に3500人、「平楽寺」に1500人で籠城します。

玉滝口から伊賀に侵攻していた「蒲生氏郷」隊は、河原で野営しているところ、伊賀忍者の得意とするゲリラ戦(夜襲)を受け、寝込みを襲われた蒲生氏郷隊は敗走

笠間口の「筒井順慶」隊も同様に夜襲を受け、1000人が討ち取られます。

蒲生氏郷隊は、反撃を開始し「平楽寺」を攻撃。

「滝川一益」隊の援軍もあり、「平楽寺」陥落させます。

続く「比自山城」は、「丹羽長秀」隊がらが数回の攻撃を試みるも落とせず膠着状態

織田軍も、いったいどれが伊賀衆で、民衆なのか違いが分からず攻めあぐねていました。

しかし織田軍の非情ともいえる、伊賀戦闘員も非戦闘員も無差別に殺戮していく攻撃に出ます。

これではゲリラ戦を得意とする伊賀衆も衆寡敵せず(多勢に無勢)、柏原城へと後退していきます。

そして織田軍は、最後の総攻撃を開始し、村や寺院を焼き払われ、住民は無差別で殺害され、11日に伊賀国をほぼ制圧します。

平楽寺では僧侶700人余りが斬首、伊賀全体では内非戦闘員含む3万余が殺害された合戦となりました。

織田信雄
父上~! 伊賀国を討ってまいりました~!

討死武将

【織田軍】 【伊賀軍】
不明 森田浄雲他30000人

 

【織田軍】 【伊賀軍】
衆寡敵せず(多勢に無勢) 無差別殺戮に甚大な被害
スポンサーリンク

第二次天正伊賀の乱 その後 まとめ

1579年(天正7年)9月に第一次伊賀の乱から始まった第二次侵攻であるこの合戦は、1度は織田軍は敗れたものの、圧倒的多数の兵力で、伊賀衆を抑え込んで勝利しました。

伊賀衆の人並外れた戦闘力に、織田軍も多大な損害を受けることになりましたが、最終的には織田軍の勝利となり、伊賀国は織田軍によって制圧されました。

伊賀国衆9万人の人口に対し、3万人を超す、慈悲の無い無差別な殺戮行為だったとされています。

この頃の信長は、長島・越前一向一揆での大量殺戮と同じように、人を人とも思わないと化した戦略を執っています。

信長の武力を持って統一する(天下布武)は、もう目の前までにきているのです。

 

 

餓死者続出!渇え殺しの兵糧攻め!信長バトル85【鳥取城攻め】

長一族の恨み、ここで晴らす!信長バトル83【七尾城攻略(能登平定)戦】

「織田信長」について!全合戦・年表一覧!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です