【池田城攻め】畿内で唯一信長に抵抗!池田勝正が守る「池田城」を攻略せよ!

スポンサーリンク

 

信長、みずから進軍!

1568年(永禄11年)9月26日、「足利義昭」とともに入京した信長ですが、休む間もなく2日後には畿内の「三好三人衆」討伐に出陣しました。

その後、「勝龍寺城」「芥川山城」を落とし滝山・小清水・伊丹の城も戦わずして開城させ、三好三人衆を阿波へと追い払い、畿内をほぼ制圧した信長でしたが、唯一抗戦していたのが池田勝正が守る「池田城」でした。

織田信長の上洛後、「三好三人衆」討伐の際、回りの支城が降る中、唯一抵抗したため信長自ら進軍した合戦「池田城攻め」と言います。

池田城の戦い 場所 地図

現在の大阪府池田市五月山南麓の丘陵地にあり、現在は「城址の歴史を感じられる憩いの場」として城址公園として整備されています。

池田城

池田城櫓 参考:wik

池田城模型

池田城想像復元図 参考:池田城

スポンサーリンク

池田城攻め 織田信長vs池田勝正 布陣 戦力比較

1568年(永禄11年)9月26日、信長が足利義昭を奉じ上洛後、当時畿内を治めていた「三好三人衆」の討伐のため、大軍勢を率い進軍しました。

池田城攻め 合戦図

勝龍寺城・芥川山城を陥落させ、池田城に迫る信長

5万を超える信長の軍勢の前に、三好三人衆の岩成友通の「勝龍寺城」、三好長逸の「芥川山城」が陥落し、回りの諸城も降る中、唯一最後まで抗戦したのが、池田勝正の「池田城」です。

当時の池田勝正は、1563年(永禄6年・合戦の5年前)に前当主の「池田長正」の死去によって摂津池田家惣領として家督を継いでいました。

池田長正の嫡男ではなかったものの、幼いころから文武に秀でており池田家の当主となりました。

その「池田勝正」は合戦当時31歳、勇猛果敢な豪傑の武将として名を知られている存在でした。

兵力差

【織田軍】 【池田勝正軍
50000 不明

戦闘目的

【織田軍】 【池田勝正軍】
三好三人衆討伐 阻止

主な参戦武将

【織田軍】 【池田勝正軍】
織田信長・水野信元・梶川高秀・魚住隼人 他 池田勝正・荒木村重 他

池田城攻め 合戦の行方

三好三人衆の一人、三好長逸が守る「芥川山城」が陥落した9月29日、信長は唯一抵抗している「池田城」の池田勝正を攻撃するために、10月2日に信長自ら池田城に進軍します。

梶川高秀

士気の上がる信長軍の軍勢が城内に切り込んでいくものの、総じて敵兵と白兵戦となり、信長方の「梶川高秀(かじかわたかひで)」が腰骨を突かれて討死します。

一瞬ひるむ信長軍に、さらに追い打ちをかける池田軍。

桶狭間の戦いで従軍し、信長に首級を上げるほどの猛兵である「魚住隼人(うおずみはやと)」も槍を受け負傷し退却を余儀なくされます。

討死武将

【信長軍】 【池田勝正軍】
梶川高秀 他 不明

池田城攻め 結果

1568年(永禄11年)10月2日、三好三人衆討伐で唯一抵抗していた池田勝正が守る「池田城攻め」は、織田方の「梶川高秀」が討死し、「魚住隼人」も負傷し押されながらも、信長軍の圧倒的軍勢(5万)により多勢に無勢、やがては決着がつき信長の勝利に終わります。

【信長軍】 【池田勝正軍】
圧倒的多数の軍勢により勝利 多勢に無勢
スポンサーリンク

池田城攻め まとめ

1568年(永禄11年)10月2日、信長は池田勝正の「池田城」を圧倒的な軍勢差によって陥落させました。

その後信長は、摂津国の名家でもある池田勝正の能力を高く評価し、抵抗に対するお咎めをしないどころか加増(6万石)の上で領地安堵となります。参考:織田武鑑

その上、池田勝正・伊丹親興・和田惟政の3人を「摂津三守護」として摂津国安定を図ります。

畿内における信長の支配体制 参考:覇王の全合戦

これによって畿内は、山城に「細川藤孝(ほそかわふじたか)」、摂津に「和田惟政(わだこれまさ)・池田勝正・伊丹忠親(いたみただちか)」、河内に「三好義継(みよしよしつぐ)・畠山高政(はたやまたかまさ)」、大和に「松永久秀(まつながひさひで)」を配し、「池田城攻め」の勝利によって、三好三人衆が牛耳っていた畿内は、信長によって支配体制が敷かれることになりました。

 

 

信長の戦いは続く…。次なる合戦は…?

三好三人衆の逆襲!将軍「足利義昭」危機一髪!信長バトル41【本圀寺の変】!

信長上洛!畿内の三好三人衆を掃討せよ!信長バトル39【勝龍寺城・芥川山城攻め】!

「織田信長」について!全合戦・年表一覧!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です