【加賀平定戦】最後の一向一揆!尾山御坊(金沢城)を落とせ!

スポンサーリンク

 

最期の一向一揆戦!

加賀尾山御坊(金沢城)を落とせ!

【加賀平定戦】

5年前(1575年天正3年)の合戦で、越前一向一揆が制圧され、加賀一向一揆にも侵攻の影響が及んでいた矢先の1580年(天正8年)3月、本願寺門徒の総本山である「石山本願寺」が信長と和睦します。

そのため形式上は、加賀一向一揆衆にも停戦命令が出されたものの、本願寺側は急主導者の「顕如」と、新しく主導者となった子の「教如」二分されていました。

どっちつかずの中、迷いながら抵抗を続ける加賀一向一揆衆

もともと加賀の地は、100年以上に渡り一向一揆衆が治めており、「自国(持国)」としての意識を持ち、独自の文化と繁栄を続けていました。

そのため、総本山の石山本願寺が落ちても、信長軍と対抗する、独自の道を探っていたのかもしれません。

しかし、信長の北陸方面侵攻の司令官である「柴田勝家」が11月17日、加賀一向一揆の主導者である19人を「松任城」に招いて、これを謀殺。

こうして行われた、信長軍の加賀一向一揆S軍の平定戦を「加賀平定戦」と言っています。

柴田勝家
加賀衆もこれで終わりじゃ!門徒主導者を謀略にかけろ!!

加賀平定戦 尾山御坊(金沢城) 場所 アクセス

尾山御坊(現金沢城)は、石川県金沢市丸の内にある城です。江戸時代、加賀藩主「前田氏」の居城として栄えました。

金沢城址は国の史跡に指定されており、城址を含む一帯は、金沢城公園として整備されています。

「尾山御坊(黒:現金沢城)」

金沢城

雪の金沢城

雪の金沢城

スポンサーリンク

加賀平定戦 尾山御坊攻略 織田軍の動き

すでに総本山である「石山本願寺」は落とされ、時間の問題ともいえる状態で、「柴田勝家」は一計を案じます。

11月17日、講和にかこつけて、一向一揆衆の主導者である「鈴木出羽守(雑賀孫一の一族)」「若林長門守」ら19名を、尾山御坊から程近い(約8キロ)「松任城」に招きます。

柴田勝家
今後、戦をせずに、終わらせる話をしようではないか…!

金沢城と松任城 位置関係

加賀平定戦 織田軍vs加賀一向一揆軍 布陣 戦力比較

兵力

【織田軍】 【一向一揆軍
4万  不明

戦闘目的

【織田軍】 【一向一揆軍】
加賀一向一揆平定 平定阻止

主な参戦武将

【織田軍】 【一向一揆軍】
柴田勝家・前田利家・佐々成政・不破光治・佐久間盛政 他 若林長門守・鈴木出羽守 他
スポンサーリンク

合戦のゆくえ

「柴田勝家」は、鳥越城の守将であった「鈴木出羽守」が、講和のために「松任城」に出てきた隙に、「鳥越城」と支城である「二曲城」を攻め立てます。

松任城から鳥越城と二曲城(約15キロ程)

鳥越城

二曲城

この2条を落城させると同時に、松任城にいる「鈴木出羽守」以下19名の門徒主導者らを捉え、ことごとく処刑。

その首を安土の信長のもとへ届けます。

信長は首を松原町(安土城下町)で、城下の民に晒されます。

本願寺を失い、主導者たちを失う事になった加賀門徒たちは、もはや織田に対する能力はなく、100年以上に渡り支配された加賀は、織田軍によって平定されました。

柴田勝家
お館(信長)様、ついに加賀が落ちましたぞっ!
信長
勝家、よくやった! これで一向一揆は無くなった!
スポンサーリンク

討死武将

【織田軍】 【一向一揆軍】
なし 鈴木出羽守・若林長門守 他

 

【織田軍】 【一向一揆軍】
謀略による勝利 謀略があったとはいえ、敗戦は時間の問題だった
スポンサーリンク

加賀平定戦 その後 まとめ

柴田勝家の謀略により、平定された加賀一向一揆。

100年もの間続いた「一向一揆の国」だけあって、抵抗はさらに続くことになります。

翌年1581年(天正9年)にも山内の一向一揆が、織田方に奪われていた「鳥越城」を奪還。

佐久間信盛が鎮圧するも、完全に駆逐するまでは、さらに翌年の3月までかかることになり、最期の門徒衆300人となりました。

 

 

復讐の鬼と化した「長連龍」の執念!信長バトル83【七尾城攻略(能登平定)戦】

信長vs石山本願寺の最終決戦!信長バトル81【石山本願寺攻略戦】

「織田信長」について!全合戦・年表一覧!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です