【丸根砦の戦い】佐久間盛重、松平元康(家康)の急襲を受け玉砕!

スポンサーリンク

 

1560年(永禄3年)5月19日「桶狭間の戦い」が起こる日の早朝、桶狭間前哨戦として「鷲津砦の戦いと同じくして「丸根砦の戦い」は始まります。

信長守備隊は「佐久間盛重(大学)」攻める今川軍は「松平元康(家康)」19歳です。

信長は、すでに今川に落ちている「大高城」の抑えとして、丸根砦と鷲頭砦を築いていますが、明朝(19日)には「丸根・鷲津」が攻撃されることが分かっていました。

策はすでに信長の頭の中でだけは練られていましたが、家臣の誰一人信長の考えを知るものはいませんでした。

そして5月19日午前3時、信長は「丸根・鷲津」が今川の急襲に合っている報せを居城の清州城で聞きます。

信長は人間五十年…の節である「敦盛」を舞い、立ったまま湯漬けを食い、数騎の共を連れ熱田神宮へ駆け出します。

その頃「丸根砦」は、「佐久間盛重」と「松平元康(家康)」の激しい戦いの真っ最中でした。

丸根砦の戦い 場所 合戦図

場所は名古屋市緑区大高町丸根にあります。

現在は「丸根砦碑」が建立されています。

丸根砦はもともと、今川側に落ちている「大高城」の付城としての役割と、「鳴海城」との間を分断する役目を持っていました。

砦は猛将で知られる「佐久間盛重」が守備していましたが、元康(家康)の急襲に合い、激戦奮闘するものの鉄砲隊の一斉攻撃に合い、ついに陥落します。

松平元康(家康)の巧妙な戦術によって討ち負かされた「丸根砦の戦い」は、その後、元康(家康)の名を大きくした一戦となるのですが、当時19歳の元康(家康)は、すでに戦略家としての才能を持っていたのかもしれません。

丸根砦の戦い 信長軍vs今川軍 布陣 戦力比較

兵力差

【信長軍】 【今川軍】
700 2000

戦闘目的

【信長軍】 【今川軍】
丸根砦防衛 尾張侵攻

主な参戦武将

【信長軍】 【今川軍】
佐久間盛重 他 松平元康(家康)・石川家成・酒井忠次 他
スポンサーリンク

丸根砦の戦い 経緯 勝敗

5月19日早朝、大高城の抑えとして「佐久間盛重」が守備する「鷲津砦」ですが、昨夜の情報通り、早朝に今川軍の「松平元康(家康)」に攻撃を受けます。

攻撃を受けるしばらく前、佐久間盛重は隣接する「寺部城」「梅ヶ坪城」が攻められているとの報せを受けます。

盛重が守る「丸根砦」も、いつ元康(家康)軍が襲ってくるか分からない状況に判断を鈍らせます。

しかし義に厚い盛重は、仲間を見捨てることはできず援軍を出すことを決意します。

守りの兵が薄くなっているところへ、松平元康(家康)軍が襲い掛かってい来たのです。

激しい戦いとなりますが、元康(家康)の鉄砲隊による一斉攻撃により「丸根砦」佐久間盛重は玉砕に近い形で全滅となります。

佐久間盛重は、「稲生の戦い」で橋本十蔵を討ち取るほどの猛将でしたが、元康(家康)率いる三河武士の前には、ひとたまりもなかったと言われています。

この戦いで元康(家康)が、盛重の首を今川義元の下へ送ると、義元は尾張全土を勝ち取ったかのように喜び、その後元康(家康)を「大高城」の守備を任せることになります。

回りを織田方の砦で守られた「大高城兵糧入れ」及び「丸根砦の戦い」の合戦は、松平元康(家康)の名を高めた一戦となりました。

討死武将

【信長軍】 【今川軍】
佐久間盛重 他 【不明】

勝敗

【信長軍】 【今川軍】

【敗因】

兵が少ない

【勝因】

戦略勝利

丸根砦の戦い まとめ

1560年(永禄3年)5月19日早朝、桶狭間の戦いのわずか数時間前の戦いとなった「丸根砦の戦い」は、若き精鋭松平元康(家康)の巧妙な戦略で丸根砦は陥落します。

大高城の抑えとして「丸根」「鷲津」の両砦はありましたが、今川軍の猛攻に一度に2つの「砦」を無くし、信長はいよいよ窮地に追い込まれます。

どうする…信長…‼

熱田神宮で砦の陥落を知った信長は、「熱田大神」に戦勝祈願します。

そして丹下砦、善照寺砦に向かい全軍の集結を待ちます

追い込まれた信長…。

信長の脳裏に、秘策はあるのか…⁉

そして、戦国の世が驚いた、あの合戦が始まることになるのです…。

 

狙うは義元の首ひとつ!信長バトル17「桶狭間の戦い」!

鷲津・丸根を死守せよ!信長バトル15「鷲津砦の戦い」!

「織田信長」について!全合戦・年表一覧!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です