【越前侵攻戦】元亀争乱!越前「朝倉義景」討伐!前哨戦「金ケ崎城」を攻めよ!

スポンサーリンク

「元亀争乱(げんきそうらん)」

1570年4月23日に、「足利義昭」将軍としての威光を示すために元号を「元亀(げんき)」と変更し、信長にとって最も激しい争乱の幕開けとなる時代のことを総じて表した言葉です。

この元号は信長によってわずか3年で改変されたものの、信長生涯(合戦)において、最も苦戦した(負け戦の多い)時代でもありました。

朝倉義景

1569年10月に伊勢平定を成し遂げ、美濃制圧、伊勢平定と順調に「天下統一」への布石を打ってきた信長ですが、今や将軍「足利義昭」の前衛軍隊のお墨付きをもらっている信長の上洛要請に、越前国の「朝倉義景」は無視し続け、さすがの信長も堪忍袋の緒が切れたのか「朝倉義景」討伐に動き出します。

その前哨戦ともいえる越前国への侵攻が「越前侵攻戦」と言われています。

実はこの戦い、信長の越前侵攻に対する建前は若狭石山城の「武藤友益(むとうともます)」討伐でしたが、本音は再三の上洛を無視した「朝倉義景」討伐と言われています。

越前侵攻戦 場所 地図 アクセス

信長の真の狙いである「朝倉義景」討伐の建前となった越前侵攻は、まず最初に「若狭石山城」「武藤友益」でした。

若狭石山城は福井県大飯郡おおい町石山にあり、現在は廃城となり石碑等はなく城址のみとなっています。

信長は進軍するものの若狭国の石山城を攻めることなく、真の狙いである「朝倉義景」がいる越前(一乗谷)へと軍勢を進めます。

まずは朝倉義景の支城である敦賀の「天筒山城」(福井県敦賀市天筒町の天筒山山頂にあった山城)と「金ヶ崎城」(福男見敦賀市金ヶ崎山に築かれた山城)を落城させた上で拠点を確保し、そして本城のある一乗谷への攻撃を開始するという作戦を立てます。

石山城 参考:久太郎の戦国城めぐり

天筒山城 参考:日本の歴史ガイド

金ヶ崎城(手前) 天筒山展望台から

金ケ崎城と天筒山城 目の前が敦賀湾

越前侵攻戦 織田軍v朝倉軍 布陣 戦力比較

1570年(永禄13年)4月20日、信長は徳川家康松永久秀の軍勢を合わせた総勢3万の軍勢を率い近江坂本を出陣。

名目は若狭石山城の「武藤友益」征伐となっていますが、真の狙いは「朝倉義景」討伐でした。

突如、”武藤氏を煽動したのは朝倉だ”と軍勢を若狭から東の敦賀へ向け、23日に佐柿の「栗谷勝久」館に着陣し、越前の入り口にあたる佐柿で敦賀攻撃の準備に取り掛かります。

合戦図

越前侵攻合戦図 参考:覇王の全合戦

一方、金ヶ崎城を守る「朝倉景恒」(朝倉家臣)は自ら籠城し、支城の「天筒山城」には寺田采女正(てらだうめのしょう)の置き守備します。

肝心の「朝倉義景」は、一乗谷の守備に2千余、国内の守備に4500余りをあて、1万4000の兵を率い敦賀へ進行を開始、その動きは合戦の様子見といえるくらい遅い進軍でした。

いよいよ25日、織田軍は寺田采女正が守備する「天筒山城」に攻撃を開始します。

しかし、要害の地であった「天筒山城」への攻撃は、なかなか思うように進まず、一進一退の大激戦となります

兵力差

【織田軍】 【朝倉軍
3万 4500

戦闘目的

【織田軍】 【朝倉軍】
朝倉義景討伐 阻止

主な参戦武将

【織田軍】 【朝倉軍】
織田信長・徳川家康・池田勝正・木下秀吉・明智光秀・松永久秀 他 朝倉景恒・寺田采女正 他

越前侵攻戦 合戦の行方

25日に火ぶたが切って落とされた合戦は、まず信長が狙うのは、「金ケ崎城」の支城である「天筒山城」でした。

天然の要害でもあった「天筒山城」の攻防は大激戦となり、信長軍は樫曲に回り込み、湿地帯から攻め上がることで城内侵入に成功。

正攻法の突撃となったので信長軍には多大の犠牲を出したものの、「天筒山城」を落城させます。

続く目前の「金ヶ崎城」への進軍となった際、城を守る「朝倉景恒」(朝倉家臣)は、援軍(朝倉義景本隊)到着が遅れる中、不利を悟り翌日の26日に金ヶ崎城を開城、織田軍に投降しました。

討死武将

【信長軍】 【朝倉軍】
森可隆 他 不明

越前侵攻戦 結果

「朝倉義景」討伐の前哨戦となった「越前侵攻戦」は、「天筒山城」と「金ヶ崎城」の落城により信長の勝利となりました。

しかし、「天筒山城」の攻防は激しいものとなり、信長重臣の「森可成(森蘭丸兄)」の嫡男「可隆(よしたか)」が討死します。

19歳での初陣で、一番槍を目指し深く敵陣まで入った事が原因とされています。

【信長軍】 【朝倉軍】
激戦の上勝利 激戦敗北の上、振りを悟り開城
スポンサーリンク

越前侵攻戦 まとめ

1570年(永禄13年)4月20日、徳川家康、松永久秀軍を加え総勢3万の軍勢で「朝倉義景」討伐に出立した信長。

26日には、朝倉方の支城である「天筒山城」と「金ヶ崎城」を落城させました。

「朝倉義景」は敦賀へ進軍しているものの、その歩みは遅く、未だ信長(金ヶ崎城)との衝突はありません。

信長は金ヶ崎城を落とした後、そのまま朝倉義景のいる「一乗谷」に進軍するつもりでいました。

義弟「浅井長政」の裏切りで、信長ピンチ!

朝倉義景討伐の前哨戦となった越前侵攻戦は、「天筒山城」「金ヶ崎城」を陥落させた信長は、木の芽峠を越え朝倉義景の本城である「一乗谷」へ攻め込むつもりでいました。

浅井長政

しかし、信長の妹である「お市」を嫁がせている近江小谷城主「浅井長政(あざいながまさ)」が、信長との同盟関係を裏切り、信長の後方を突き朝倉義景と挟撃にでます。

前面に「朝倉義景」、後方に「浅井長政」。

完全に挟撃された「信長」。

信長合戦史上、最大のピンチに立たされた信長!

どう切り抜けるのか…。

 

浅井長政の裏切り!信長最大のピンチ!信長バトル45!【金ヶ崎撤退戦】!

決戦!伊勢平定戦「織田信長」vs「北畠具教・具房父子」!信長バトル43【大河内城の戦い】!

「織田信長」について!全合戦・年表一覧!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です