【第二次上月城の戦い】山中鹿助奮闘!尼子再興なるか⁉

スポンサーリンク

 

尼子再興の夢なるか…⁉

毛利大軍の前に、山中鹿助、上月城を死守!

【第二次上月城の戦い】

【いきさつ】

昨年1577年(天正5年)12月、秀吉の播磨侵攻戦による「第一次上月城の戦い」で、「福原城」「上月城」を落城させたものの、年が明けた2月、三木城の「別所長治」が突然、毛利方へ寝返ります。

すると、未だ織田方か毛利方か、立場を明確にしていない播磨諸豪族衆が、別所長治の毛利方へ離反するとともにこぞってこれに同意。

秀吉の播磨侵攻に雲行きが怪しくなってまいります。

この背景には、「上杉謙信」の上洛という意図もあったと考えられ、この時点における播磨諸衆は試案のし所だったに違いありません。

いづれにせよ、三木城の別所長治が離反したとなれば、播磨における最重要拠点が、上月城から三木城へと移り、上月城の戦略的価値が低くなってしまったと言うほかありません。

織田方において戦略的価値が低くなったとはいえ、毛利側にとっての「上月城」は、播磨安芸間の交通の要所でもあり、宇喜多直家の要請もあり、「上月城」奪還の戦略を取ります。

別所長治が離反してから約2か月後の4月18日、「上月城」が毛利の3万の大軍で包囲されます。

「上月城」の包囲に、秀吉軍が救援に参陣し合戦となったのが、「第二次上月城の戦い」と言います。

秀吉
うひゃ~、毛利軍いっぱいだぎゃ~! どうしよ~⁉

第二次上月城の戦い 場所 アクセス

上月城(こうづきじょう)は、兵庫県佐用郡佐用町にある山城です。

「第二次上月城の戦い 上月城(黒)」

上月城を望む

上月城本丸跡 参考:西国の山城

秀吉の動き

毛利軍に包囲された「上月城」の救援に向かう秀吉軍は、高倉山へと進出しますが、毛利の大軍3万の前に手が出せません。

こうしているうちにも、いつ、三木城の「別所長治」が後ろから責めてきてもおかしくありません。

秀吉は考えあぐねます。

秀吉
お館(信長)様~、どないしよ~?

信長はすぐに、秀吉への援軍を嫡男「信忠」を出陣させます。

しかしその援軍は、「上月城」ではなく、謀反を起こした三木城の「別所長治」討伐へ向けての援軍でした。

第二次上月城の合戦図 参考:覇道の合戦

信長
秀吉よ、上月城は捨て置き、三木城の別所長治を討て!

この命令に秀吉は、「上月城」を見捨てるしかありません。

守将となっている「尼子勝久」「山中鹿助」を前に、秀吉は城を脱出するようにと説得しますが、尼子再興の夢を秀吉に託し、協力し戦っている両者は徹底抗戦を選びます。

秀吉の数回におよぶ説得も受け入れられず、6月26日、秀吉は仕方なく上月城を後にします。

秀吉
別所長治を討ち倒したら、かならず助けにもどるでよ~、それまできばってや~。

第二次上月城の戦い 織田軍vs毛利軍 布陣 戦力比較

兵力差

【織田軍】 【毛利軍
3千 3万

戦闘目的

【織田軍】 【毛利軍】
上月城防衛 上月城攻略

主な参戦武将

【織田軍】 【毛利軍】
尼子勝久・山中鹿助 他 吉川元春・小早川隆景・宇喜多直家 他
スポンサーリンク

合戦のゆくえ

6月26日、信長の命令により城を後にした秀吉。

そして孤立無援となった「上月城」は、数日は毛利の攻撃をかわすものの、それは多勢に無勢。

落城は時間の問題となっていました。

そして、7月3日「尼子勝久」は、城兵の助命を条件に降伏。

「尼子勝久」兄弟と尼子嫡男「若豊丸」は自刃、「山中鹿介」は捕らえられ毛利の陣へ護送の途中、備中成羽の高梁川の阿井渡しで殺害されました。

こうして70日に及んだ「上月城」攻防戦は幕を閉じ、武門としての「尼子氏」完全に滅亡しました。

秀吉
スマンやったぎゃ~。

討死武将

【織田軍】 【毛利軍】
尼子勝久・尼子氏久・尼子通久・尼子若豊丸・山中鹿助 他 不明

 

【織田軍】 【毛利軍】
城兵の分散 援軍なし 数で勝る
スポンサーリンク

第二次上月城の戦い その後 まとめ

秀吉の播磨攻略は、「上月城」を奪うことによって、いったんは好転する形でしたが、三木城の「別所長治」の反旗によって再び暗礁へと打ち上げられる格好となりました。

この後、三木城の別所長治は長期に渡る籠城戦となり、織田軍と毛利軍は一進一退を繰り広げることになるのです。

 

 

巨大鉄甲船で毛利水軍の攻撃を打破せよ!信長バトル76【淡輪沖海戦】

石山本願寺へ威嚇!信長バトル74【石山本願寺攻め】

「織田信長」について!全合戦・年表一覧!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です