【堂洞合戦】関城・加治田城・堂洞城の「中農三城盟約」を打ち崩せ!信長の壮絶なる戦い!

スポンサーリンク

 

岸信周・岸信房 討死!

堂洞合戦!

つい1か月ほど前に、「犬山城」の織田信清を降伏させ、中美濃の「宇留摩(鵜沼)城」「猿啄城」「美濃金山(兼山)城」の3城を攻略し、美濃侵攻に光明が差してきた信長ですが、各城で逃れた兵たちは猿啄城から数キロ北に位置する「堂洞城」に逃れていました。

「堂洞城」は当時、岸信周・勘解由左衛門(きしのぶちか・かげゆさえもん)が城守となっており、すぐ側には「加治田城」(佐藤忠能・さとうただよし)、「関城」(長井道利)の3つの城で「中農三城盟約*」が結ばれていました。

*「中農三城盟約」:美濃斉藤軍の反信長勢力

先の合戦の勝利から兵の士気も高い信長軍、勝利の勢いのまま「堂洞城」を包囲するも、さすがに「中農三城盟約」一角に、うかつに手を出すわけにもいきません。

いつ援軍が来てもおかしくない状況です。

金森長近

そこで信長は、まず近習の「金森長近」を使者として遣わし、それぞれ3城主に投降を促します。

しかし3城とも投降には応じず敵対したものの、加治田城の「佐藤忠能」だけは織田方の「丹羽長秀」と内応し投降に応じます。

加治田城の「佐藤忠能」が織田方に寝返った報せを聞いた斉藤龍興は、「長井道利」を出陣させ堂洞付近で信長軍と合戦となります。

織田信長と投降に応じた加治田城「佐藤忠能」と、斉藤方「長井道利」と堂洞城「岸信周・岸信房父子」の戦いを「堂洞合戦」と言います。

この戦いは、敵ながら奮戦した「岸信周・岸信房父子」の壮絶な討死で終わりを迎えることになるのです。

堂洞合戦 場所 地図

堂洞城の場所は現在の岐阜県加茂郡富加町夕田にあります。

加治田城(佐藤忠能)とは目と鼻の先(1km程)の位置です。

現在は本丸・長尾丸・二の丸後の塀、土塁が残っており、本丸跡には「南無阿弥陀佛」の石碑が建立されています。

「堂洞城由来」の看板には信長が侵攻してきた旨記載されています。

本丸跡石碑

堂洞城由来

加治田城跡 参考:尾張美濃歴史探訪

加治田城下 参考:富加町

スポンサーリンク

堂洞合戦 織田軍v斉藤軍 布陣 戦力比較

1565年(永禄8年)9月28日、中農三城盟約の内、「加治田城」佐藤忠能の投稿に成功した信長は、残る2城のひとつ「堂洞城」(岸信周・信房父子)の四方を包囲します。

合戦図

堂洞合戦図

織田軍は、「堂洞城」をぐるりと包囲し、西と南に「丹羽長秀」「河尻秀隆」「森可成」を配置し、北に「佐藤忠能」を配備します。

対する斉藤軍堂洞城は、南と西に「岸信周」、北に「岸信房」が守り、進軍を防ぎます。

斉藤軍の援軍である「長井道利」は城の3kmほど手前で信長軍に牽制され、両者は対峙します。

兵力差

【織田軍】 【斉藤軍
4000 1500

戦闘目的

【信長軍】 【斉藤軍】
中農侵攻

堂洞城攻略

攻略阻止

主な参戦武将

【信長軍】 【斉藤軍】
織田信長・丹羽長秀・河尻秀隆・金森長親・大田牛一 他 岸信周・岸信房・長井道利・斎藤龍興 他

堂洞合戦 合戦の行方

1565年(永禄8年)9月28日、ついに両軍は激突します。

斉藤方の援軍である「長井道利」は、堂洞城の手前で信長に牽制されながらも、津保川を越してまで堂洞城を目指すも、信長軍はこれを阻止。

信長はその後、堂洞城本丸前の茶臼山に本隊を移動し、自ら馬に乗り各部隊を指揮します。

堂洞城の西側は地形が悪く、守備する「岸信周」隊の伏兵も防御が堅固で西側の牙城を崩すことが出来ません。

北側の「佐藤忠能」の攻撃は勝手知った地形ではあるものの、守る「岸信房」隊に何度も押し返されてしまいます

押しては返され、数えること18回目、ようやく二の丸が崩れ本丸へ突入します。

本丸へと流れ込んだ信長全部隊は、1歩も引かず猛然と戦う「岸信周・岸信房父子」を激闘の末ついに倒し、正午から夕方まで続いた合戦は終わりを告げました。

この時「信長公記」の作者である「大田牛一」も参戦しており、堂洞城南側の攻撃で、弓で敵を射て手柄を立てています。

討死武将

【信長軍】 【斉藤軍】
不明 岸信周・岸信房 他

堂洞城合戦 結果

1565年(永禄8年)9月28日、堂洞城「岸信周・信房父子」を倒し勝利。

【信長軍】 【斉藤軍】

【勝因】

援軍を阻止

【敗因】

援軍来ず討死

スポンサーリンク

堂洞合戦 まとめ

斉藤方の援軍である「長井道利」を阻止し、堂洞合戦に援兵させなかったのが勝利につながった信長軍。

壮絶な戦いとなり、18回もの攻撃に1歩も引かずに奮戦した「岸信周」でしたが、最期は妻と共に辞世の句を詠んで刺し違えました

また子の「岸信房」は3か所に傷を負い、腹を十文字に掻き切って壮絶な最期を遂げました。

激戦の末、勝利した信長でしたが、合戦の翌日、足止めされていた「長井道利」が「斎藤龍興」部隊と合流し3000の部隊となり、「加治田城」(佐藤忠能)を攻撃します。

信長は、すぐさま斉藤道三の末子「斎藤利治*」を援軍に派遣し「長井道利軍」を撃退*当時の斎藤利治は、父道三の死後、義兄の信長を頼っていました

翌月には「長井道利」の「関城」も陥落させて中農支配を確実なものとするのです。

 

信長公記には記載されていない幻の合戦!信長バトル31【河野島の戦い】!

丹羽長秀先方隊「河尻秀隆」ここにあり!信長バトル29【猿啄城攻め】!

「織田信長」について!全合戦・年表一覧!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です