【刀根(刀禰)坂の戦い】越前朝倉氏滅亡への序曲!斎藤龍興ついに討死!

スポンサーリンク

 

「室町幕府」滅亡!

元号「元亀」から「天正」へ!

1573年(元亀4年)7月18日、「槇島城の戦い」で15代将軍「足利義昭」が信長に敗れ、237年続いた「室町幕府」が事実上滅亡しました。

10日後の7月28日、元号は「元亀」から「天正」へと改元され、時代の流れは一気に信長へと流れて行きます。

その年の4月から7月にかけ、上京焼討ちと、槇島城の戦いで、15代将軍義昭を京都から追放させた信長は、一気に近江へと攻め上がります。

そこには、1570年(元亀元年)に、「金ケ崎の退き口」で裏切られた義弟「浅井長政」と同盟関係にある「朝倉義景」が存在しています。

浅井長政

浅井・朝倉を討つべく、信長は進軍し、8月14日に刀根坂(刀禰坂・とねざか)の地で両軍が合戦となったのが「刀根(刀禰)坂の戦い」と言われます。

両軍合わせて3000人以上の死者を出したといわれ激戦となった「刀根(刀禰)坂の戦い」を見てまいりましょう。

刀根(刀禰)坂の戦い 場所 地図 アクセス

現在の福井県敦賀市刀根(刀根坂峠)付近に

刀根坂峠

刀根坂

航空写真 右下青小谷城 右下赤山本山城 黒「刀根坂合戦地」

スポンサーリンク

朝倉氏滅亡への序曲

7月28日、信長の悲願だった元号が「天正」へと変わりました。

甲斐の憂いであった「武田信玄」もこの世を去り、信長は「姉川の戦い」から抵抗を続ける「浅井・朝倉」討伐に本腰を入れます。

8月2日には義昭側に付いていた「岩倉友通」を討ち、「三好三人衆」を壊滅させることに成功します。

6日には浅井長政の小谷城を包囲し、8日には小谷城のすぐ隣に合った山本山城の「阿閉貞征(あつじさだゆき)」ついに信長に降り、攻めあぐねていた浅井(小谷城)軍攻略にも一筋の光が見えてきました。

小谷城のすぐ北にある「大嶽砦」に着陣していた「朝倉義景」軍2万は、この時は動かず静観していましたが、12日信長は大雨が吹き荒れたのをきっかけに、朝倉軍のいる「大嶽(おおくず)砦」「丁野(ようの)砦」へと攻撃を開始します。

信長軍の攻撃に対抗する朝倉軍ですが、この時朝倉本隊と小谷城は分断された状態であったため浅井側の援軍もなく、朝倉軍の両砦はやがて落ち、信長は降兵を殺さずに解き放ちます

降兵から織田軍の情報を知った「朝倉義景」は、翌13日夜、戦いを中止し撤退を開始します。

しかし信長は、そうはさせまいと追撃を開始します。

信長
義景め、逃がさん!

そして信長軍が「刀根(刀禰)坂」の地で追いつき、両軍が激突するのです。

刀根坂の戦い 織田軍vs朝倉軍 布陣 戦力比較

「朝倉義景」は、自らの居城である一乗谷への撤退を開始します。

殿(しんがり)に、「山崎吉継」「朝倉掃部助」らの武将を付け、義景を一乗谷に逃がすため、追撃を受けながら反転し、必死に踏みとどまって戦い一度は信長軍を押し返します。

兵力差

【織田軍】 【朝倉軍
3万 2万

戦闘目的

【織田軍】 【朝倉軍】
朝倉討伐 討伐阻止

主な参戦武将

【織田軍】 【朝倉軍】
織田信長・柴田勝家・丹羽長秀・滝川一益・佐久間信盛 他 朝倉義景・朝倉景行・山崎吉継・山崎吉家・河合吉統・斎藤龍興 他

殿(しんがり)の、「山崎吉継」「朝倉掃部助」らは、信長軍の追撃も必死に踏みとどまり信長軍を押し返すも、信長軍の強さに逃亡する兵たちも表れ、大半を刀根峠辺りで討ち取られます。

勢いを増す織田軍に、ちりじりとなる朝倉軍。

合戦の勝敗はあからさまとなり、朝倉軍はほぼ壊滅に追い込まれました。

朝倉軍3000人以上が討ち死にした激戦となったのです。

スポンサーリンク

討死武将

【織田軍】 【朝倉軍】
不明 朝倉景行・山崎吉家・河合吉統・斎藤龍興 他

斉藤龍興の死

斉藤龍興

1567年(永禄10年)「稲葉山城の戦い」で敗れて後、各地を流浪し、なおも信長に抵抗し続けた「斎藤龍興(さいとうたつおき)でしたが、この戦いを最後に戦死することになります。

美濃のマムシと恐れられた「斎藤道三」から引き継がれた斉藤家も、3代目の「龍興」の死により滅亡となりました。

一説によると、斉藤家のかつての家臣であった「氏家卜全(うじいえぼくぜん)」の子「氏家直昌(なおまさ)」に討たれたと言われています。

若干26歳の若き武将でした。

【織田軍】 【足利軍】
朝倉氏滅亡へのプロローグ 戦わずして撤退するも重臣を失う
スポンサーリンク

刀根(刀禰)坂の戦い まとめ

1573年(天正元年)8月14日、天正と改元された後の合戦となった「刀根(刀禰)坂の戦い」は、信長軍の大勝利となりました。

ちりじりとなった朝倉軍は、討死者3000を超える死亡者を出し、「朝倉義景」も数騎の供回りに守られながら一乗谷へ戻ってきたとされています。

この敗戦により、「朝倉滅亡」への序曲が始まったと言われています。

その後も、信長の執念は凄まじく、「義景」の後を追い続けます。

そして18日、信長はついに義景のいる「一乗谷城」へ追いつくことになります。

その後、いよいよ「朝倉滅亡」への合戦が始まるのです。

 

一乗谷とともに朝倉氏滅亡!信長バトル58【一乗谷城攻め】

室町幕府滅亡!信長バトル56【槇島城の戦い】

「織田信長」について!全合戦・年表一覧!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です