織田信長

信長全合戦

【明知城の戦い】信玄後継「武田勝頼」!東美濃18城を攻略!

信長、美濃が危ない! 信玄後継の「武田勝頼」が東美濃に侵攻! 1574年(天正2年)1月27日、今では信長の領地となっている東美濃に、今は亡き信玄の後継者である「武田勝頼」が、山県昌景ら甲斐・信濃など5箇国の兵を率いて美濃、尾張、三河、遠江攻略の拠点となる「明知城」を、1万5千の兵で侵攻します。 それに対抗すべき信長は、尾張・美濃の各諸将に救援に向かわせ、自らは2月5日に岐阜城を出陣します。 信長にとって東美濃の重要拠点である「明知城」は、武田勝頼も美濃から近江、京へと向かう重要拠点と考えられ、ここで両者の戦いが始まります。 こうして1月27日から始まった「信長軍」と「武田軍」との合戦が、「明知城の戦い」です。 明知城の戦い 場所 地図 アクセス 明知城は、現在の岐阜県恵那市明智町にあった山城です。 別名城鷹城と言われ岐阜県の指定史跡となっています。 明知城の戦い 信長の動き 信長は嫡男「信忠」を率い2月5日に岐阜城を出陣し、明知城の以東約10キロほどの御崇(鶴岡山)に布陣。 翌日の6日には、包囲されつつも未だ奮闘する明知城主「遠山一行(とおやまかずゆき)」と叔父の「遠山友治(ともはる)」らと共に、武田勢を挟撃する手はずとなっていました。 明知城の戦い 織田軍vs武田軍 布陣 戦力比較 兵力差 【織田軍】 【武田軍】 3万 1万5000 戦闘目的 【織田軍】 【武田軍】 侵攻阻止 東美濃侵攻 主な参戦武将 【織田軍】 【武田軍】 織田信長・織田信忠・河尻秀隆・池田恒興・遠山一行 他 武田勝頼・山県昌景・秋山信友 他 翌日の6日、武田軍を討つはずの「明知城」内で、飯羽馬右衛門(いいばまうえもん)が謀反。 援軍として明知城に在城していた「坂井越中守」を討ち、城郭・城下を火の海とされ、明知城は完全に武田軍包囲されてしまいます。 武田軍への進軍のきっかけを失った信長は、明知城にほど近い「神篦城(こうのじょう)」に河尻秀隆を、「小里城」に池田恒興を置き、一旦岐阜に撤退(2月24日)。 その間も武田軍は、織田方の苗木城、明照城、大井城、串原城、今見砦、神篦城、妻木城を陥れ、明知城も落城寸前にまで追い込みます。
信長全合戦

【第二次長島一向一揆】またしても退路で大打撃!「林通政」討死!

因縁の本願寺戦!【第二次長島一向一揆討伐!】 1570年から始まった本願寺(長島一向一揆)との第二次ラウンド! 本願寺下間頼成の「檄文」により反信長蜂起に伴い、一揆勢が信長に抵抗するようになってから早3年、今年(1573年天正元年)の8月に、ついに朝倉家・浅井家を滅亡(小谷城の戦い)させた信長ですが、休む間もなく一月後の9月に、2度目となる長島一向一揆軍討伐を開始します。 「織田信長」vs「一向一揆軍」 1573年(天正元年)9月24日、信長は柴田勝家・羽柴秀吉・佐久間信盛らとともに、長島へ侵攻します。 石山合戦本願寺とのこの2度目となる長島侵攻を「第二次長島一向一揆戦」と言います。 信長はこの合戦で思わぬ苦戦を強いられることになります。 早速紐解いてまいりましょう。 長島一向一揆 場所 アクセス 現在の三重県桑名市長島町にあります。 信長の動き 9月24日、信長は北伊勢に出陣し、柴田勝家・羽柴秀吉・丹羽長秀・佐久間信盛ら緒将の着陣を待ちます。 翌25日、数万に膨れ上がった信長軍は、一気に北伊勢諸城に攻め込みます。 第二次長島一向一揆戦 織田軍vs一向一揆軍 布陣 戦力比較 兵力差 【織田軍】 【一向一揆軍】 8万 2万 戦闘目的 【織田軍】 【一向一揆軍】 長島一向一揆討伐 討伐阻止 主な参戦武将 【織田軍】 【一向一揆軍】 織田信長・柴田勝家・羽柴秀吉・滝川一益・丹羽長秀・佐久間信盛・蜂屋頼孝・富田長繁・林通政 他 日根野弘就・中島将監・近藤氏 他 26日「西別所城」を、羽柴秀吉・丹羽長秀・蜂屋頼孝が攻略に成功、陥落。 10月6日「坂井城」を、柴田勝家・滝川一益によって陥落。 10月8日に信長は東別所へ本陣を移動させると、桑名郡・三重郡の国人衆(萱生城・伊坂城の春日部氏、赤堀城の赤堀氏、桑部南城の大儀須氏、千種城の千種氏、長深城の富永氏)が相次いで降服しますす。 これで、いよいよ河岸の向かいにある「長島一向一揆本陣(砦)」攻めに向かうと思いきや、大湊の船の調達ができず信長軍は停滞せざるを得ません。 信長軍が渡るはずの船の調達状況が芳しくなく、今回は長島への直接攻撃は見送らざるを得なくなります。
信長グッズ

【織田信長】協奏曲・忍び・へし切り長谷部など、信長ファンなら欲しくなる「信長グッズ」が一杯!

織田信長グッズ 特選シリーズ 織田信長にまつわる面白グッズをご紹介。 信長ファンやコレクターももちろんですが、信長ファンでなくとも必見なグッズが勢ぞろい! ご自分で楽しむのも良いし、プレゼントやお土産としても話が弾みそうです。 当サイト編集チーム(歴史研究家、歴史愛好家、歴女、戦国ファン他)が厳選した信長グッズです♪
信長グッズ

【へし切り長谷部】高級居合刀!織田信長拵え名刀(刀袋付き)

織田信長所蔵 名刀「へし切り長谷部(へしきりはせべ)」 織田信長が、粗相をした「観内(かんない)」という茶坊主が、信長の怒りを恐れ、台所の御膳棚の下に逃げ込み、それを御膳棚ごと圧し切った事から、「へし切り長谷部」と呼ばれるようになりました。 *圧し切り:刀身を押し当てて切ること 名刀「へし切り長谷部」は、刀剣としては「打刀」(腰に差す刀)であり、刃長は二尺一寸四分(約65cm)ほどあります。 作者は刀鍛冶・山城国(京都)五条「国重」。 その後、1975年(天正六年)、播磨国(兵庫県)御着城「小寺政職(こでらまさもと)」の家臣であった「黒田孝高(黒田官兵衛くろだかんべえ/後の秀吉軍師))が、信長への臣従を誓うために、羽柴秀吉にともなわれて岐阜城に赴いた際に、中国攻めの褒美として信長から与えられたといわれています。 以後黒田家の家宝の一つとして長く同家が所有し、現在では「福岡博物館」所蔵で「国宝」に指定されています。 ファンの評価コメント 製品特性 ★こんな方へ★ 織田信長ファンならずとも、一度は手にしてみたい名刀の「へし切り長谷部」。 刀剣コレクターはもちろん、居室に飾っておきたい一品。 ★ココがイチオシ★ 高級感があり、格好がいい。 購入されたお客様のレビューは? 評価5 投稿日:2011年11月21日 すごく気に入りました。 飾りもの程度かな?と思ったら、手に取ってすごく感動しました、見た目も重量感も本物っぽくてすごく良いです。 趣味 家族へ はじめて 評価4 投稿日:2013年03月25日 黒で統一されていてかっこいいです。 刃文もかなり忠実に再現されていました。 ただ下緒が写真とやや色と素材が違うようで刀に高級感があるだけに、ちょっと安っぽく見えてもったいない気がしました。 趣味 家族へ はじめて 信長特選グッズ 信長ファンならずとも、名刀好きな方なら欲しくなる一品。 へし切り長谷部写しの高級居合刀!!職人が丹念に製造! 高級居合刀 織田信長拵え 名物へし切り長谷部(刀袋付き) 居合練習用、居合稽古に最適なおすすめの一品です♪
信長全合戦

【小谷城の戦い】浅井長政・お市の方の運命は…⁉信長vs長政いよいよ決戦の時!

「織田信長」vs「浅井長政」最後の決戦! 1573年(天正元年)8月20日に、越前「朝倉義景」が自害して500年もの間栄華を誇った「朝倉氏」が滅亡しました。(一乗谷城の戦い) その後信長は、間髪入れずに江北に戻り「浅井長政」との最終決戦に臨みます。 8月26日から9月1日に渡り、信長の妹「お市の方」の夫である「浅井長政」との最終決戦となったのが、「小谷城の戦い」です。 小谷城の戦い 場所 地図 アクセス 現在の滋賀県長浜市湖北町伊部にあります。 当時は堅固な山城として有名でしたが、織田信長に攻められ落城した後に、拠点は長浜城に移されたために廃城となっています。 現在は土塁・曲輪などのほか石垣なども遺構として残っており国の史跡に指定されています。 小谷城の戦い 信長の動き 朝倉義景自刃から決戦前日まで 1573年(天正元年)8月20日に、「朝倉義景」が自刃し朝倉氏を滅亡させた信長は、休む間もなく一乗谷から一気に「長政」のいる小谷城(江北)へ向かいます。 26日には「小谷城」の目の前にある「虎御前山」の本陣に帰還します。 第5次とも第6次とも言われる、「浅井長政」(小谷城)への攻撃が、ついに最終決戦となりました。 虎御前山に着陣した信長は、全軍に総攻撃を命じます。 小谷城の戦い 織田軍vs浅井軍 布陣 戦力比較 信長の掛け声とともに、信長全軍は小谷城へと進軍します。 難攻不落を極めた小谷城は、自然の要塞でもありました。 兵力差 【織田軍】 【浅井軍】 3万 5000 戦闘目的 【織田軍】 【浅井軍】 浅井長政討伐 討伐阻止 主な参戦武将 【織田軍】 【浅井軍】 織田信長・羽柴秀吉 他 浅井長政・浅井久政・浅井政元・赤尾清綱 他 27日に羽柴秀吉隊3000の兵が、本丸(長政)と小丸(長政父「久政」)にとの間にある京極丸を落とし、父子の分断に成功します。 そして秀吉隊は、久政のいる小丸への攻撃を開始し、久政を追い詰め自刃します。 父「久政」と分断され、次第に本丸への攻撃も激しくなる中、長政は嫡男の「万福丸」と、正室であり信長妹である「お市」とその娘*3人(茶々・初・江)を秀吉隊に引き渡します。
信長全合戦

【一乗谷城の戦い】朝倉義景切腹!一乗谷とともに朝倉家滅亡!

越前「朝倉家」滅亡! 1573年(天正元年)8月14日に、3000人以上の討死者を出した「刀根坂の戦い」から勝利した信長は、4日後の18日、刀根坂から撤退していた「朝倉義景」を追い、一乗谷の龍門寺に陣を置き、ついに義景を追い詰めます。 1571年の「比叡山焼討ち」以降、幾度となく信長の挑発に乗ってこなかった「朝倉義景」でしたが、この時ばかりは信長に追い詰められます。 1573年(天正元年)8月18日、一乗谷で起こった「織田信長」と「朝倉義景」の間で起こった戦いを「一乗谷城の戦い」と言います。 どのような合戦となったのか…、さっそく紐解いてまいりましょう。 一乗谷城の戦い 場所 地図 アクセス 現在の福井県大野市泉町にあります。 現在では、「朝倉義景墓所」公園となっており、市民の憩いの場となっています。 朝倉義景の刀根坂の戦いでの敗戦から撤退まで つい4日前の「刀根坂の戦い」で、織田軍3万の軍勢に対し朝倉軍は2万。 義景は兵数で勝ち目がないことを知り、「撤退」を決断したまでは良かったが、それを見越していた信長は、朝倉軍が撤退するいなや、自ら本隊を率い義景の背後を襲います。 義景は「殿」(しんがり)に重心を据え、自ら疋田城に向け撤退を開始しますが、「刀根坂」で信長軍の追討を受け3000人を超える討死者を出します。 その中には、北庄城主「朝倉景行」や「朝倉道景」といった一門衆を含め、「山崎吉家」、「斎藤龍興」、「河合吉統」など朝倉家の軍事中核を成していた名将が数多く討死しました。 重臣を失った義景は、少数の供回りのみで一乗谷へ帰還するも、朝倉家の直属軍と部将はほぼ壊滅状態となっていました。 この好機を逃す信長ではありません。 15日16日にかけて、信長は兵たちを休め、17日に大軍を整えついに義景のいる越前入りを果たします。 一乗谷城の戦い 織田軍vs朝倉軍 布陣 戦力比較 18日、信長軍は「柴田勝家」を先陣に一乗谷へ攻め込みます。 100年以上、往時は1万人を超える人口にて栄華を誇った一乗谷は、織田軍の手により焼討ちされて灰燼に帰してしまいます。 兵力差 【織田軍】 【朝倉軍】 3万 500 戦闘目的 【織田軍】 【朝倉軍】 朝倉討伐 討伐阻止 主な参戦武将 【織田軍】 【朝倉軍】
信長全合戦

【刀根(刀禰)坂の戦い】越前朝倉氏滅亡への序曲!斎藤龍興ついに討死!

「室町幕府」滅亡! 元号「元亀」から「天正」へ! 1573年(元亀4年)7月18日、「槇島城の戦い」で15代将軍「足利義昭」が信長に敗れ、237年続いた「室町幕府」が事実上滅亡しました。 10日後の7月28日、元号は「元亀」から「天正」へと改元され、時代の流れは一気に信長へと流れて行きます。 その年の4月から7月にかけ、上京焼討ちと、槇島城の戦いで、15代将軍義昭を京都から追放させた信長は、一気に近江へと攻め上がります。 そこには、1570年(元亀元年)に、「金ケ崎の退き口」で裏切られた義弟「浅井長政」と同盟関係にある「朝倉義景」が存在しています。 浅井・朝倉を討つべく、信長は進軍し、8月14日に刀根坂(刀禰坂・とねざか)の地で両軍が合戦となったのが「刀根(刀禰)坂の戦い」と言われます。 両軍合わせて3000人以上の死者を出したといわれ激戦となった「刀根(刀禰)坂の戦い」を見てまいりましょう。 刀根(刀禰)坂の戦い 場所 地図 アクセス 現在の福井県敦賀市刀根(刀根坂峠)付近にあります。 朝倉氏滅亡への序曲 7月28日、信長の悲願だった元号が「天正」へと変わりました。 甲斐の憂いであった「武田信玄」もこの世を去り、信長は「姉川の戦い」から抵抗を続ける「浅井・朝倉」討伐に本腰を入れます。 8月2日には義昭側に付いていた「岩倉友通」を討ち、「三好三人衆」を壊滅させることに成功します。 6日には浅井長政の小谷城を包囲し、8日には小谷城のすぐ隣に合った山本山城の「阿閉貞征(あつじさだゆき)」がついに信長に降り、攻めあぐねていた浅井(小谷城)軍攻略にも一筋の光が見えてきました。 小谷城のすぐ北にある「大嶽砦」に着陣していた「朝倉義景」軍2万は、この時は動かず静観していましたが、12日信長は大雨が吹き荒れたのをきっかけに、朝倉軍のいる「大嶽(おおくず)砦」と「丁野(ようの)砦」へと攻撃を開始します。 信長軍の攻撃に対抗する朝倉軍ですが、この時朝倉本隊と小谷城は分断された状態であったため浅井側の援軍もなく、朝倉軍の両砦はやがて落ち、信長は降兵を殺さずに解き放ちます。 降兵から織田軍の情報を知った「朝倉義景」は、翌13日夜、戦いを中止し撤退を開始します。 しかし信長は、そうはさせまいと追撃を開始します。
信長全合戦

【槇島城の戦い】足利義昭追放!室町幕府ついに滅亡!

237年続いた「室町幕府」ついに滅亡! 室町幕府15代将軍「足利義昭」追放! 1573年(元亀4年)2月20日から7月18日にかけて起こった、室町15代将軍「足利義昭」と「織田信長」との戦いです。 1568年(永禄11年)9月、明智光秀の繋ぎによる「織田信長」に擁されて上洛以来、室町幕府第15代将軍に就いた「足利義昭」でしたが、当初は信長と信頼関係にあったものの、将軍権力の抑制を図る信長の行動により、次第に信長と対立するようになります。 1572年(元亀3年)9月には、信長から「17条意見書」が送られ2人の間は対立関係となってしまいます。(信長公記) 信長の、我(自分)を将軍として認めない信長の意見書や振る舞いに対し、義昭は信長に反する武将たちに味方するようにと、幾度となく密書を送り続けます。 義昭は近江「浅井長政」、越前「朝倉義景」、堺「石山本願寺」などを扇動して信長を包囲し(信長包囲網)、1572年(元亀3年)10月には、甲斐の「武田信玄」までが信長挟撃に賛同(西上作戦)しました。 信長包囲網の中、窮地に立たされた信長でしたが、信玄の体調が悪化判明し、翌元1573年1月には武田軍の攻勢が止まります。 信玄の動きが止まっても尚、翌月の2月20日に義昭は、信長に対し決起するのでした。(槇島城の戦い) 槇島城の戦い 場所 地図 アクセス 現在の京都府宇治市槇島町薗場にあります。 足利義昭ついに蜂起 義昭は1573年(元亀4年)2月に入り、ついに蜂起します! 当初は二条城で決起し、回りの堀をめぐらし武具を揃え、義昭側に付いた武将たちも砦や櫓を立て、いずれ来るであろう戦に備えました。 信長は義昭に、「島田秀満」「村井貞勝」らを使者として送り、信長は「もし和解せずば兵力を尽くして来たり、都を焼き、火と血に委ねん」として和睦を勧めますが、義昭はこれに対し反抗します。 信長は義昭の対抗するとの回答に、今堅田・石山砦を攻撃することを決めるのでした。 槇島城の戦い 織田軍vs足利軍 布陣 戦力比較 1573年(元亀4年)2月20日に義昭が決起した後、信長は柴田勝家・明智光秀・丹羽長秀・蜂屋頼隆の四将に24日に石山砦に攻撃をかけます。
信長全合戦

【三方ヶ原の戦い】織田徳川軍大敗!家康九死一生!クソまみれでの帰還!武田軍強し!

武田信玄ついに動く(西上作戦)! 織田・徳川軍vs最強武田軍! 1572年(元亀3年)10月3日、武田信玄は3万を超える軍勢を率い、反信長連合軍の「浅井・朝倉」軍と、「織田信長」挟撃のため甲府を出陣! 信長はつい先月(9月)、「武田信玄」との同盟を絶ち、「岩村城の合戦」で武田軍の秋山信友に敗北したばかりです。 その年の12月22日、武田(信玄)軍が上洛(西上作戦)のため、家康の領国であった三河国を(勝手に)通り過ぎようとしたところ、過ぎ去る武田軍の背後から「徳川軍」が攻め込み、三方ヶ原で起こった戦いを「三方ヶ原の戦い」と言われています。 織田徳川連合軍vs武田軍 両軍4万を超える兵が戦い壮絶な終決を迎えた合戦となりました。 三方ヶ原の戦い 経緯 11月の「岩村城の戦い」で織田信長との同盟を破棄した武田信玄は、10月3日に3万を超える軍勢を率い甲府を出陣し、青崩峠から家康の遠江国に侵攻します。 当初、徳川家康と織田方の佐久間信盛は、武田軍の狙いは家康居城の「浜松城」であると考え籠城戦に備えていました。 一方の武田軍は、浜松城の北東10kmほどにある「二俣城」を12月19日に陥落させ、3日後に二俣城を発して遠州平野内を西進します。 この行動に家康は、これは浜名湖の先端に位置する「堀江城」を標的とするような進軍であると考え、武田軍は家康居城の「浜松城」を素通りし、その先の三方ヶ原台地を目指しているかにみえた、と言います。 我が眼前を悠々と通っていく「武田軍」に、家康は鬼の形相で怒り狂ったと言います。 家臣の反対を押し切って、籠城策をから一気に武田軍を背後から襲う積極攻撃策に変更し、織田からの援軍を加えた連合軍を率いて浜松城から追撃に出ます。 三方ヶ原の戦い 場所 地図 アクセス 延暦寺は滋賀県大津市坂本本町にあり、標高848mの比叡山全域を境内とする寺院です。 三方ヶ原の戦い 布陣 陣形 同日の夕刻、血気盛んに浜松城を出陣した徳川織田軍でしたが、三方ヶ原台地に到着するやいなや、まさかいるはずの無い、武田軍が「魚鱗の陣」(通常兵力が勝っている場合は使用しない陣形)を敷き万全の構えで待ち構えていました。 「堀江城」近くまで、行っていると思っていた武田の大軍が眼前に…。
信長全合戦

【第一次岩村城の戦い】武田信玄との合戦幕開け!

「織田信長」vs「武田信玄」 信長、ついに信玄との合戦勃発か…。 1572年(元亀3年)9月に北近江の「浅井長政」との決着も付かぬまま、その年の11月、東美濃にある「岩村城」を巡り武田信玄との戦いが勃発! この戦いは足掛け3年、1575年(天正3年)まで続いた戦となります。 まずは勃発直後の「第一次岩村城の戦い」を解説してまいります。 岩村城 場所 アクセス 現在の岐阜県恵那市岩村町 岩村町城山にあります。 岩村城主「遠山景任(とおやまかげとう)」の死 1572年(元亀3年)8月、それまで「武田信玄」や「織田信長」にも友好的だった岩村城の城主である「遠山景任(とおやまかげとう)」が病没してしまいます。 もともと美濃(斎藤道三領国)方であったのが、信長の美濃侵攻で織田家臣従となり、武田信玄との友好関係もあり信長にとって岩村城の遠山景任は、武田甲斐との良い抑え役となっていました。 子のいなかった景任がその年の8月14日に病死で亡くなった後、信長は五男である「坊丸(織田勝長)」を養子にするため「河尻秀隆」と「織田信広(信長兄)」を送り込みます。 しかし当時の坊丸はまだ3歳で、景任正室で信長の叔母「おつやの方」が女城主として岩村城の主(あるじ)となります。 兄信広と河尻秀隆が引き上げた後の10月、武田側の別動隊である「秋山信友(あきやまのぶとも)」が侵攻し合戦となり、第一次岩村城の戦いが始まります。 第一次岩村城の戦い 織田軍vs武田軍 布陣 戦力比較 10月3日、武田信玄の西上作戦(上洛)が開始され、「河尻秀隆」と「織田信広」の撤退を確認した武田側の「秋山信友」は、女城主で手薄となった岩村城に攻め込みます。 遠山氏は以前は武田氏に臣従していましたが、当時は「おつやの方」が岩村城主となっており武田氏とは敵対関係となっていました。 攻め入る武田秋山隊に対し、岩村城のおつやの方は籠城戦となります。 参考:秋山信友(虎繁)の最期と岩村城の激しい攻防戦を徹底解説! 完全に城を包囲された岩村城のおつやの方、決着はいかに…。 兵力差 【織田軍】 【武田軍】 不明 不明 戦闘目的 【織田軍】 【武田軍】 岩村城防衛 岩村城攻略 主な参戦武将 【織田軍】 【武田軍】 おつやの方・遠山景行 他 秋山信友 他
タイトルとURLをコピーしました